ピアスの素材にも色々ありますが、金属アレルギーの人はアクリル樹脂製を使うと良いでしょう。


ピアスの穴の開け方をしては、ニードルやピアスガンを使った方法が一般的です。
一瞬で穴を開けられて、痛みもほとんどないのでピアスガンが人気があります。
ただし、雑菌が入ったり化膿してしまうこともあるので必ず病院で開けてもらいましょう。
ファーストピアスというのは、穴を開けてから落ち着くまで着けておくもので、通常のピアスより2倍の太さがあります。
雑菌が付くと炎症の原因になるので、穴が落ち着いてからもぬるま湯のシャワーで清潔にしたり、消毒は続けてください。


けれども、妊娠中や血が止まりにくいなどはピアスを開けるのは止めた方がよいでしょう。
また、金属アレルギーをお持ちの方も医療機関でチタンやステンレスの器具を使うようにしてもらうと、ほとんどアレルギーが出ることはないようです。
ピアスの素材にも色々ありますが、金属アレルギーの人はアクリル樹脂製を使うと良いでしょう。
ピアスにも色々な種類がありますが、スタッドピアスや、リングピアス、アメリカンピアスなどが一般的です。
さあ、これであなたもファッションに合わせたピアスを選べるようになりますね。

ピアスの素材には、シルバー製や18金などありますが、アクリル樹脂製のものなら金属アレルギーの人も安心です。


ピアスガンを使うと、痛みもほとんどないので麻酔を使わずに済む上、ファーストピアスも同時に装着できるので人気があります。
もっとも、自分で開けたりすると、しこりが出来たり、化膿してしまうこともあるのでしっかりと病院で開けてもらいましょう。
穴が落ち着くまで着けておくファーストピアスは、通常よりも2倍の太さがあります。
4〜8週間でピアスホールの中が皮膚になりますが、それ以降も消毒は続けて雑菌が付かないようにしてください。

ところで、ピアスの穴を開けて目が見えなくなったらどうしようなんて心配をする人がいますが、耳たぶに視神経は通っていないのでご安心を。

また、アレルギー体質の場合や、患部がなかなか落ち着かないという場合も医師に相談をしてください。
ピアスの素材には、シルバー製や18金などありますが、アクリル樹脂製のものなら金属アレルギーの人も安心です。
ピアスを選ぶなら、形によって呼び方も違うので覚えておきましょう。耳の後ろで留め金を使うスタッドタイプ、輪をホールに通すリングタイプ、フックで耳にかけるアメリカンピアスなどです。
さあ、かわいいピアスを選んでいろいろと楽しみましょう!

しかし、血が出るとなかなか止まらない人や、妊娠中の女性はピアスを開けるのは向いていません。


ピアスを着けるのには、まずニードルやピアスガンを使って穴を開けなければなりません。
ピアスガンを使う方法は、一瞬で穴を開けられて痛みもほとんどないため、麻酔をする必要もありません。
もっとも、病院に行かずに自分で開けたり友人に頼むのは、雑菌が入ったり肝炎ウィルスが移る可能性もあるので止めたほうが良いでしょう。
ピアスを外しても穴がふさがらないようになるまで、通常の2倍の太さがあるファーストピアスを着けて置くようにします。

夏の時期は、紫外線が原因の炎症をおこしたり、汗で不衛生になりがちなので、穴を開けるのは控えた方が良いと言われています。
ちなみにピアスにまつわる間違った話で、ピアスを外したら白い糸が出て・・・というのがありますが、耳たぶに視神経は通っていませんので安心してください。
しかし、血が出るとなかなか止まらない人や、妊娠中の女性はピアスを開けるのは向いていません。
また、アレルギー体質の場合や、患部がなかなか落ち着かないという場合も医師に相談をしてください。
ピアスの素材も色々ですが、チタン製やシルバー製、18金が良く使われます。金属アレルギーが心配の場合はアクリル樹脂製がお勧めですね。
ピアスを選ぶなら、形によって呼び方も違うので覚えておきましょう。耳の後ろで留め金を使うスタッドタイプ、輪をホールに通すリングタイプ、フックで耳にかけるアメリカンピアスなどです。

ピアスを開けたら耳たぶから白い糸が・・・なんていうのは迷信で、視神経は耳たぶを通ってはいません。


ピアスの穴を開けるためには、ニードルかピアスガンを使用するのが一般的です。
ピアスガンは一瞬で穴をあけられる上、ほとんど痛みもありません。
ただ、しこりが出来たり、雑菌が入ることもあるので自分で開けたりせずに病院に行くようにしましょう。
穴を開けたら、初めのうちはファーストピアスと呼ばれるスタッドの太いピアスを着けておきます。
通常は、4〜8週間で穴の中が皮膚になりますが、その後も雑菌が付くので消毒は続けてください。
夏季は、汗で不衛生になりがちですし、紫外線による炎症もおこりやすいので新しく穴を開けるのは避けた方が良いと言われます。
ピアスを開けたら耳たぶから白い糸が・・・なんていうのは迷信で、視神経は耳たぶを通ってはいません。
しかし、血が出るとなかなか止まらない人や、妊娠中の女性はピアスを開けるのは向いていません。
また、穴を開けた後も患部が赤くはれたり、痛みがある場合には医師に相談をしてください。
ピアスの素材には、シルバー製や18金などありますが、金属アレルギーの方にはボディピアスでも使われるアクリル樹脂製をお勧めします。
ピアスを選ぶなら、形によって呼び方も違うので覚えておきましょう。耳の後ろで留め金を使うスタッドタイプ、輪をホールに通すリングタイプ、フックで耳にかけるアメリカンピアスなどです。
ピアスホールが落ち着いたら、その日の気分や洋服に合わせて色々なピアスにトライしてみましょう。

夏に新しい穴を開けるのは、紫外線や気温、汗で炎症を起こしやすいので避けた方が良いでしょう。


一瞬で穴を開けられて、痛みもほとんどないピアスガンは麻酔をする必要もありません。

通常のピアスの2倍の太さがあるファーストピアスを着けておくことで、ピアスを外しても穴がふさがらない様になります。
ピアスホールが落ち着くまでは大体4〜8週間ほどかかりますが、その後もシャワーや消毒をして清潔にしておきましょう。
夏に新しい穴を開けるのは、紫外線や気温、汗で炎症を起こしやすいので避けた方が良いでしょう。
ところで、耳たぶに視神経は通っていませんから、ピアスの穴から白い糸が・・・というのはただの迷信です。
それでも、血が止まりにくい体質の人や妊娠している人はピアスの穴を開けるのは止めておきましょう。
また、チタンやステンレスの器具を使用している医療機関で開けてもらえば、金属アレルギーの人もほとんど大丈夫のようです。
金属アレルギーの人は、18金やシルバー製ではなく、アクリル樹脂製のピアスを使うようにしましょう。
ピアスを選ぶなら、形によって呼び方も違うので覚えておきましょう。耳の後ろで留め金を使うスタッドタイプ、輪をホールに通すリングタイプ、フックで耳にかけるアメリカンピアスなどです。
さあ、いよいよピアスを選んで付け替える楽しみがあなたのものです。

通常は、4〜8週間で穴の中が皮膚になりますが、その後も雑菌が付くので消毒は続けてください。


ピアスをつけたい!という女性は多いですが、ピアスの穴を開けるのにはニードルかピアスガンを使うのが一般的です。
ピアスガンを使う方法は、一瞬で穴を開けられて痛みもほとんどないため、麻酔をする必要もありません。
ただ、しこりが出来たり、雑菌が入ることもあるので自分で開けたりせずに病院に行くようにしましょう。
ピアスを外しても穴がふさがらないようになるまで、通常の2倍の太さがあるファーストピアスを着けて置くようにします。
通常は、4〜8週間で穴の中が皮膚になりますが、その後も雑菌が付くので消毒は続けてください。
夏に新しい穴を開けるのは、紫外線や気温、汗で炎症を起こしやすいので避けた方が良いでしょう。
ちなみにピアスにまつわる間違った話で、ピアスを外したら白い糸が出て・・・というのがありますが、耳たぶに視神経は通っていませんので安心してください。
けれども、妊娠中や血が止まりにくいなどはピアスを開けるのは止めた方がよいでしょう。
それから、アレルギー体質の人や、穴を開けた後に患部が赤くはれたりした場合も医師に観てもらって下さい。
アクリル樹脂製のピアスを使うようにすれば金属アレルギーの人も、ほとんど問題はないと思います。
ピアスを形で分けると、耳の後ろで留めるスタッドピアスや、ポストがフックになっていたり、チェーンでできたアメリカンピアス、リング状のフープピアスなどがあります。
穴さえ落ち着いたら、かわいいピアスや洗練ジュエリーのピアスなどを楽しめるようになります。

人気があるのが、一瞬で穴を開けられて痛みも少ないピアスガンを使う方法です。


ピアスを着けるのには、まずニードルやピアスガンを使って穴を開けなければなりません。
人気があるのが、一瞬で穴を開けられて痛みも少ないピアスガンを使う方法です。
ただし、病院に行かずに自分で開けたりすると、雑菌が入って化膿したり、しこりができることがあるので止めましょう。
初めは、穴が落ち着くまでファーストピアスというスタッド(棒)の太いものを着けておきます。
ピアスホールが落ち着くまでは大体4〜8週間ほどかかりますが、その後もシャワーや消毒をして清潔にしておきましょう。
夏に新しい穴を開けるのは、紫外線や気温、汗で炎症を起こしやすいので避けた方が良いでしょう。
よく聞く話ですが、ピアスの穴から白い糸が・・・というのがありますが、まったくの迷信です。
けれども、妊娠中や血が止まりにくいなどはピアスを開けるのは止めた方がよいでしょう。
また、穴を開けた後に患部が腫れてしまったりということがあるので、アレルギー体質の人は事前に医師に相談をしてください。
アクリル樹脂製のピアスを使うようにすれば金属アレルギーの人も、ほとんど問題はないと思います。
ピアスを選ぶなら、形によって呼び方も違うので覚えておきましょう。耳の後ろで留め金を使うスタッドタイプ、輪をホールに通すリングタイプ、フックで耳にかけるアメリカンピアスなどです。
しばらく経って、穴が落ち着いたらいよいよファッションやその日の気分で付け替えて楽しめるようになります。

ピアスガンを使うと、痛みもほとんどないので麻酔を使わずに済む上、ファーストピアスも同時に装着できるので人気があります。


ピアスをつけたい!という女性は多いですが、ピアスの穴を開けるのにはニードルかピアスガンを使うのが一般的です。
ピアスガンを使うと、痛みもほとんどないので麻酔を使わずに済む上、ファーストピアスも同時に装着できるので人気があります。
ただし、自分で開けたり友人にやってもらうのは、雑菌が入ることもあるので止めたほうが良いでしょう。
穴を開けてから落ち着くまでは、ファーストピアスという通常の2倍の太さがあるものを着けておきます。
ファーストピアスを着けて4〜8週間でピアスホールが落ち着きますが、その後も清潔にしておくように気をつけましょう。
気温的にも汗をかいて不衛生になりやすく、強い紫外線も炎症の原因になるので、夏に穴を開けるのは控えることをお勧めします。
ピアスを開けたら耳たぶから白い糸が・・・なんていうのは迷信で、視神経は耳たぶを通ってはいません。
けれども、体質的に出血すると止まらなくなるとか、妊娠している女性は、ピアスを開けるのは止めておいた方が良いでしょう。
それから、患部が赤く腫れたりすることもあるので、アレルギー症状の人は医療機関で相談をしてください。
チタンや18金、シルバーなど、ピアスの素材も色々ありますが、アクリル樹脂製なら金属アレルギーの人も大丈夫でしょう。
スタッドタイプは耳の後ろで留めるタイプで、ファーストピアスもこのタイプです。その他にリングピアスや、釣り針状のポストでひっかけるアメリカンピアスも人気です。
しばらくすると穴も落ち着きますから、ファッションに合わせて色々なピアスを試してみましょう。

ピアスを着けるのには、まずニードルやピアスガンを使って穴を開けなければなりません。


ピアスを着けるのには、まずニードルやピアスガンを使って穴を開けなければなりません。
ピアスガンを使う方法は、一瞬で穴を開けられて痛みもほとんどないため、麻酔をする必要もありません。
ただし、自分で開けたり友人にやってもらうのは、雑菌が入ることもあるので止めたほうが良いでしょう。
ファーストピアスというのは、穴を開けてから落ち着くまで着けておくもので、通常のピアスより2倍の太さがあります。
4〜8週間もするとピアスホールも落ち着きますが、それ以降もぬるま湯のシャワーで清潔に保ったり、消毒を続けてください。
炎症を起こしたり、汗で不衛生になりがちなので、夏に穴を開けるのは控えた方が良いでしょう。
ちなみにピアスといえば、穴から出た白い糸が切れたら・・・という有名な話がありますが、もちろんただのウワサです。
でも、妊娠中の女性や血が止まりにくい人など、ピアスを開けない方がよい人もいます。
それから、金属アレルギーの人は、医療機関でチタンやステンレスの器具を使うようにすると、アレルギー症状が出ることは少ないようです。
金属アレルギーが心配な場合は、素材もアクリル樹脂製のものを使うようにすると良いでしょう。

しばらくすると穴も落ち着きますから、ファッションに合わせて色々なピアスを試してみましょう。

ピアスをつけたい!という女性は多いですが、ピアスの穴を開けるのにはニードルかピアスガンを使うのが一般的です。


ピアスをつけたい!という女性は多いですが、ピアスの穴を開けるのにはニードルかピアスガンを使うのが一般的です。
痛みも少なくて一瞬で穴を開けられるので、ピアスガンを使った方法が人気があります。
ただし、自分で開けたりするのは雑菌が入ったり化膿することもあるので、必ず病院で開けてもらいましょう。
初めのころは、ピアスをはずしても穴がふさがらないように通常より太いファーストピアスと呼ばれるものを着けておきます。
ファーストピアスを着けて4〜8週間でピアスホールが落ち着きますが、その後も清潔にしておくように気をつけましょう。

ピアスを外したら白い糸が出てきて、目が見えなくなったなんていう話を聞いたことがあるかもしれませんが、もちろんただの迷信です。
しかし、妊娠中の女性や血が止まりにくい人などは止めておきましょう。
また、金属アレルギーをお持ちの方も医療機関でチタンやステンレスの器具を使うようにしてもらうと、ほとんどアレルギーが出ることはないようです。
金属アレルギーの人は、チタンやシルバー製のピアスよりも、アクリル樹脂製のものを使うようにしましょう。
留め具を使用するスタッドタイプや、フレームが輪になっているリング(フープ)ピアス、ポストがフック状のアメリカンピアスなど、あなたのお気に入りはどれでしょう?
一度穴が落ち着いてしまえば、さまざまなピアスを付け替えて楽しめるようになります。

初めのころは、ピアスをはずしても穴がふさがらないように通常より太いファーストピアスと呼ばれるものを着けておきます。


ピアスの穴を開ける方法には、ニードルを使う方法と、ピアスガンを使う方法があります。
ピアスガンを使うと一瞬で穴を開けられる上、痛みも少なくて済むので人気があります。
ただし、病院に行かずに自分で開けたりすると、雑菌が入って化膿したり、しこりができることがあるので止めましょう。
初めのころは、ピアスをはずしても穴がふさがらないように通常より太いファーストピアスと呼ばれるものを着けておきます。
ピアスホールの中が皮膚になるのに、4〜8週間ですが、その後も雑菌が付かないように消毒は続けるようにします。
夏季は、汗で不衛生になりがちですし、紫外線による炎症もおこりやすいので新しく穴を開けるのは避けた方が良いと言われます。
ピアスの穴を開けるのに、目が見えなくなる心配はいりません(笑)。耳たぶに視神経は通っていないので、ウワサを信じないように。
もし、体質的になかなか血が止まらない人や、妊娠中の女性はピアスの穴を開けるのは見合わせたほうが良いでしょう。
それから、金属アレルギーの人は、医療機関でチタンやステンレスの器具を使うようにすると、アレルギー症状が出ることは少ないようです。

スタッドタイプは耳の後ろで留めるタイプで、ファーストピアスもこのタイプです。その他にリングピアスや、釣り針状のポストでひっかけるアメリカンピアスも人気です。
さあ、これであなたもファッションに合わせたピアスを選べるようになりますね。

だいたいピアスホールが落ち着くまで4〜8週間ですが、その後も消毒を続けたり、ぬるま湯のシャワーで清潔に保つようにしてください。


ピアスの穴の開け方をしては、ニードルやピアスガンを使った方法が一般的です。
一瞬で穴を開けられて、痛みもほとんどないピアスガンは麻酔をする必要もありません。
ただし、雑菌が入ったり化膿することもあるので自分で開けるのはやめましょう。
通常のピアスの2倍の太さがあるファーストピアスを着けておくことで、ピアスを外しても穴がふさがらない様になります。
だいたいピアスホールが落ち着くまで4〜8週間ですが、その後も消毒を続けたり、ぬるま湯のシャワーで清潔に保つようにしてください。
気温的にも汗をかいて不衛生になりやすく、強い紫外線も炎症の原因になるので、夏に穴を開けるのは控えることをお勧めします。
ちなみにピアスにまつわる間違った話で、ピアスを外したら白い糸が出て・・・というのがありますが、耳たぶに視神経は通っていませんので安心してください。
しかしながら、中にはピアスを開けない方が良い人もいます。血が止まりにくかったり、妊娠中の場合は気をつけましょう。
それから、金属アレルギーの人は、医療機関でチタンやステンレスの器具を使うようにすると、アレルギー症状が出ることは少ないようです。
ピアスの素材にも色々ありますが、金属アレルギーの人はアクリル樹脂製を使うと良いでしょう。
ピアスの種類としては、シンプルなスタッドピアスや、リングピアス、ポストが釣り針状のアメリカンピアスなどがあります。
ピアスホールが落ち着いたら、その日の気分や洋服に合わせて色々なピアスにトライしてみましょう。

通常、ピアスの穴を開けるのにはニードルかピアスガンを使います。


通常、ピアスの穴を開けるのにはニードルかピアスガンを使います。
ピアスガンを使うと、痛みもほとんどないので麻酔を使わずに済む上、ファーストピアスも同時に装着できるので人気があります。
ただし、病院に行かずに自分で開けたりすると、雑菌が入って化膿したり、しこりができることがあるので止めましょう。
ファーストピアスというのは、穴を開けてから落ち着くまで着けておくもので、通常のピアスより2倍の太さがあります。
ピアスホールが落ち着くまでは大体4〜8週間ほどかかりますが、その後もシャワーや消毒をして清潔にしておきましょう。
夏の時期は、紫外線が原因の炎症をおこしたり、汗で不衛生になりがちなので、穴を開けるのは控えた方が良いと言われています。
ピアスの穴から出た白い糸が・・・なんていう話を聞いたことがあるかもしれませんが、まったくの迷信です。耳たぶに視神経はありませんから。
もし、体質的になかなか血が止まらない人や、妊娠中の女性はピアスの穴を開けるのは見合わせたほうが良いでしょう。
また、穴を開けた後に患部が腫れてしまったりということがあるので、アレルギー体質の人は事前に医師に相談をしてください。
チタンや18金、シルバーなど、ピアスの素材も色々ありますが、アクリル樹脂製なら金属アレルギーの人も大丈夫でしょう。

一度穴が落ち着いてしまえば、さまざまなピアスを付け替えて楽しめるようになります。

穴を開けたら、初めのうちはファーストピアスと呼ばれるスタッドの太いピアスを着けておきます。


一瞬で穴を開けられて、痛みもほとんどないピアスガンは麻酔をする必要もありません。

穴を開けたら、初めのうちはファーストピアスと呼ばれるスタッドの太いピアスを着けておきます。
通常、穴が落ち着くのに4〜8週間ですが、その後も消毒は続けたほうが良いでしょう。
夏季は、汗で不衛生になりがちですし、紫外線による炎症もおこりやすいので新しく穴を開けるのは避けた方が良いと言われます。
ちなみにピアスにまつわる間違った話で、ピアスを外したら白い糸が出て・・・というのがありますが、耳たぶに視神経は通っていませんので安心してください。
もし、体質的になかなか血が止まらない人や、妊娠中の女性はピアスの穴を開けるのは見合わせたほうが良いでしょう。
また、金属アレルギーが心配な方は、医療用のチタンやステンレスの器具を使用している医療機関で開けるようにします。
金属アレルギーの人は、18金やシルバー製ではなく、アクリル樹脂製のピアスを使うようにしましょう。
ピアスにも色々な種類がありますが、スタッドピアスや、リングピアス、アメリカンピアスなどが一般的です。
穴さえ落ち着いたら、かわいいピアスや洗練ジュエリーのピアスなどを楽しめるようになります。

ピアスホールの中が皮膚になるのに、4〜8週間ですが、その後も雑菌が付かないように消毒は続けるようにします。


ピアスを着けるのには、まずニードルやピアスガンを使って穴を開けなければなりません。
ピアスガンを使う方法だと、一瞬で穴を開けられるし、ファーストピアスも同時に装着できます。
ただし、病院に行かずに自分で開けたりすると、雑菌が入って化膿したり、しこりができることがあるので止めましょう。
ファーストピアスというのは、穴を開けてから落ち着くまで着けておくもので、通常のピアスより2倍の太さがあります。
ピアスホールの中が皮膚になるのに、4〜8週間ですが、その後も雑菌が付かないように消毒は続けるようにします。

ところで、耳たぶに視神経は通っていませんから、ピアスの穴から白い糸が・・・というのはただの迷信です。
でも、妊娠中の女性や血が止まりにくい人など、ピアスを開けない方がよい人もいます。
また、穴を開けた後も患部が赤くはれたり、痛みがある場合には医師に相談をしてください。
金属アレルギーの人は、18金やシルバー製ではなく、アクリル樹脂製のピアスを使うようにしましょう。
ピアスを選ぶなら、形によって呼び方も違うので覚えておきましょう。耳の後ろで留め金を使うスタッドタイプ、輪をホールに通すリングタイプ、フックで耳にかけるアメリカンピアスなどです。
穴さえ落ち着いたら、かわいいピアスや洗練ジュエリーのピアスなどを楽しめるようになります。

通常のピアスの2倍の太さがあるファーストピアスを着けておくことで、ピアスを外しても穴がふさがらない様になります。


ピアスの穴を開ける方法には、ニードルを使う方法と、ピアスガンを使う方法があります。
一瞬で穴を開けられて、痛みもほとんどないのでピアスガンが人気があります。
ただし、雑菌が入ったり化膿してしまうこともあるので必ず病院で開けてもらいましょう。
通常のピアスの2倍の太さがあるファーストピアスを着けておくことで、ピアスを外しても穴がふさがらない様になります。
ピアスホールの中が皮膚になるのに、4〜8週間ですが、その後も雑菌が付かないように消毒は続けるようにします。
気温的にも汗をかいて不衛生になりやすく、強い紫外線も炎症の原因になるので、夏に穴を開けるのは控えることをお勧めします。
ところで、耳たぶに視神経は通っていませんから、ピアスの穴から白い糸が・・・というのはただの迷信です。
もし、あなたが妊娠中だったり、血が止まりにくい体質の場合は、ピアスを開けるのは止めておいた方がよいかもしれません。
それから、アレルギー体質の人や、穴を開けた後に患部が赤くはれたりした場合も医師に観てもらって下さい。
金属アレルギーの人は、18金やシルバー製ではなく、アクリル樹脂製のピアスを使うようにしましょう。
ピアスの種類としては、シンプルなスタッドピアスや、リングピアス、ポストが釣り針状のアメリカンピアスなどがあります。
ピアスホールさえ落ち着いてしまえば、色々なピアスを付け替えることができるようになります。

ピアスガンを使うと、痛みもほとんどないので麻酔を使わずに済む上、ファーストピアスも同時に装着できるので人気があります。


ピアスの穴を開けるためには、ニードルかピアスガンを使用するのが一般的です。
ピアスガンを使うと、痛みもほとんどないので麻酔を使わずに済む上、ファーストピアスも同時に装着できるので人気があります。
ただし、自分で開けたりするのは雑菌が入ったり化膿することもあるので、必ず病院で開けてもらいましょう。
初めのころは、ピアスをはずしても穴がふさがらないように通常より太いファーストピアスと呼ばれるものを着けておきます。
通常、穴が落ち着くのに4〜8週間ですが、その後も消毒は続けたほうが良いでしょう。


しかし、血が出るとなかなか止まらない人や、妊娠中の女性はピアスを開けるのは向いていません。
また、チタンやステンレスの器具を使用している医療機関で開けてもらえば、金属アレルギーの人もほとんど大丈夫のようです。
ピアスの素材にも色々ありますが、金属アレルギーの人はアクリル樹脂製を使うと良いでしょう。
ピアスにも色々な種類がありますが、スタッドピアスや、リングピアス、アメリカンピアスなどが一般的です。
さあ、かわいいピアスを選んでいろいろと楽しみましょう!

ピアスガンを使う方法は、一瞬で穴を開けられて痛みもほとんどないため、麻酔をする必要もありません。


ピアスガンを使う方法は、一瞬で穴を開けられて痛みもほとんどないため、麻酔をする必要もありません。
もっとも、病院に行かずに自分で開けたり友人に頼むのは、雑菌が入ったり肝炎ウィルスが移る可能性もあるので止めたほうが良いでしょう。

通常は、4〜8週間で穴の中が皮膚になりますが、その後も雑菌が付くので消毒は続けてください。
夏の間は、紫外線による炎症や、汗で不衛生になりがちなので、避けた方が無難です。
よく聞く話ですが、ピアスの穴から白い糸が・・・というのがありますが、まったくの迷信です。
でも、妊娠中の女性や血が止まりにくい人など、ピアスを開けない方がよい人もいます。
また、チタンやステンレスの器具を使用している医療機関で開けてもらえば、金属アレルギーの人もほとんど大丈夫のようです。
金属アレルギーの人は、チタンやシルバー製のピアスよりも、アクリル樹脂製のものを使うようにしましょう。
留め具を使用するスタッドタイプや、フレームが輪になっているリング(フープ)ピアス、ポストがフック状のアメリカンピアスなど、あなたのお気に入りはどれでしょう?
しばらくすると穴も落ち着きますから、ファッションに合わせて色々なピアスを試してみましょう。

ピアスガンを使う方法は、一瞬で穴を開けられて痛みもほとんどないため、麻酔をする必要もありません。


ピアスガンを使う方法は、一瞬で穴を開けられて痛みもほとんどないため、麻酔をする必要もありません。
もっとも、病院に行かずに自分で開けたり友人に頼むのは、雑菌が入ったり肝炎ウィルスが移る可能性もあるので止めたほうが良いでしょう。

通常は、4〜8週間で穴の中が皮膚になりますが、その後も雑菌が付くので消毒は続けてください。
夏の間は、紫外線による炎症や、汗で不衛生になりがちなので、避けた方が無難です。
よく聞く話ですが、ピアスの穴から白い糸が・・・というのがありますが、まったくの迷信です。
でも、妊娠中の女性や血が止まりにくい人など、ピアスを開けない方がよい人もいます。
また、チタンやステンレスの器具を使用している医療機関で開けてもらえば、金属アレルギーの人もほとんど大丈夫のようです。
金属アレルギーの人は、チタンやシルバー製のピアスよりも、アクリル樹脂製のものを使うようにしましょう。
留め具を使用するスタッドタイプや、フレームが輪になっているリング(フープ)ピアス、ポストがフック状のアメリカンピアスなど、あなたのお気に入りはどれでしょう?
しばらくすると穴も落ち着きますから、ファッションに合わせて色々なピアスを試してみましょう。

ピアスの穴の開け方をしては、ニードルやピアスガンを使った方法が一般的です。


ピアスの穴の開け方をしては、ニードルやピアスガンを使った方法が一般的です。
ピアスガンは一瞬で穴をあけられる上、ほとんど痛みもありません。
ただし、自分で開けたりするのは雑菌が入ったり化膿することもあるので、必ず病院で開けてもらいましょう。
初めは、穴が落ち着くまでファーストピアスというスタッド(棒)の太いものを着けておきます。
通常、穴が落ち着くのに4〜8週間ですが、その後も消毒は続けたほうが良いでしょう。
炎症を起こしたり、汗で不衛生になりがちなので、夏に穴を開けるのは控えた方が良いでしょう。
ちなみにピアスにまつわる間違った話で、ピアスを外したら白い糸が出て・・・というのがありますが、耳たぶに視神経は通っていませんので安心してください。
でも、妊娠中の女性や血が止まりにくい人など、ピアスを開けない方がよい人もいます。
また、金属アレルギーが心配な方は、医療用のチタンやステンレスの器具を使用している医療機関で開けるようにします。
ピアスの素材もシルバーや18金、チタンと色々ありますが、金属アレルギーの人にはアクリル樹脂製のものがおすすめです。
ピアスの種類には、耳の後ろで留めるスタッドピアスや、輪状のリングピアス、ポストがフックやチェーン製のアメリカンピアスが一般的です。
ピアスホールが落ち着いたら、その日の気分や洋服に合わせて色々なピアスにトライしてみましょう。
お薦め優良無料レポート
■【シゲ爺流】 湯水のように溢れ出す 超簡単 不労所得実現法
■【シゲ爺流】 超初心者に送る!! 超簡単 ドロップシッピング入門
■【シゲ爺流】 SEO対策 アクセスUP!相互リンク集
■【シゲ爺流】 参加実践型 完全なる不労収入生活実現法
■【シゲ爺流】1日作業時間5分 サラリーマン お小遣い倍増実践法
■松下 誠の投資で失敗しない7つの法則
■宮川明&小川忠洋 アフィリエイト・トップ対談
■バカ売れ情報商材を作る4つのポイント
■ヤニクシルバー 「売上を倍増させる7つの顧客心理」
■アフィリエイトプログラムで稼ぐために、やってはいけない3つの間違い

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。